事業紹介

HOME事業紹介地球環境保全への取り組み

地球環境保全への取り組み

CSR(企業の社会的責任)を軸にした、地球環境保全への取り組み

豊かな地球の未来を守るために、地球環境に対する負荷を軽減する取り組みが全世界の共通の課題となっています。

当社はエネルギーを扱う企業として「地球環境との調和」を実践するため、物流・販売すべての面での環境問題に真剣に取り組んでいます。「ベストプラクティス」をキーワードに、販売・管理両面において、より適切なプロセスを追求し、効率的な事業運営を行い、企業価値の向上を図るなど、本業を通じた更なるCSRの実現を目指します。

環境・安全方針

○ 基本的考え方

富士興産株式会社は、産業基盤・生活基盤に直結したエネルギーを主とした販売事業を行なうにあたり、業務に係わる全ての人々の安全と健康を優先し事業を展開します。また、事業活動を展開するなかでは、企業の社会的責任を果すため、限られた資源の有効活用と環境に優しいクリーンエネルギーの利用促進に努め、加えて地球温暖化の抑制、自然環境の保全および汚染防止に向けて努力すると共に、環境保護活動を通じ、安全で安心できる地域社会に貢献します。

より具体的な環境・安全行動方針を次の通りとします。

○ 環境・安全行動方針

  1. 環境・安全関連法規および国や自治体の指導方針を遵守し、環境・安全面で信頼される製品とサービスを提供します。
  2. 環境・安全管理体制を整備して油槽所および製品輸送における安全を確保し、人命の尊重はもとより、輸送事故・災害の未然防止、漏洩による環境破壊防止のためにあらゆる措置をとります。
  3. 緊急時には直ちに公正な情報開示に努め、調査・対策を実施します。
  4. 省資源、省エネルギーを推進し、リサイクルの促進と廃棄物の低減に努め、グリーン購入の取り組みを推進します。
  5. 企業市民として地域社会との共生に努め、環境問題の解決に向けて社外の環境保全活動に参画します。
  6. 環境問題に対する理解を深め、製品の安全意識高揚のため、当社およびグループ会社全社員の教育・啓発を行います。

私は、環境・安全方針を掲げるにあたり、代表者として全責任を負うことを宣言します。

2010年7月1日
富 士 興 産 株 式 会 社
代表取締役社長 金丸 勇一

Page Top